ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

イベントレポート

『農業経営者』読者の会 定例セミナー 誌上採録 中国で「いちご」をつくる/有限会社 ストロベリーフィールズ 代表取締役 遠藤健二氏 

2011年12月2日に開催した第61回の定例セミナーでは邱永漢氏に中国での農場経営についてご講演いただいた。第2部では中国進出の事例発表として有限会社ストロベリーフィールズの遠藤健二氏にお話をいただいた。

 2011年12月2日に開催した第61回の定例セミナーでは邱永漢氏に中国での農場経営についてご講演いただいた。第2部では中国進出の事例発表として有限会社ストロベリーフィールズの遠藤健二氏にお話をいただいた。


ストロベリーではなく、あくまでもイチゴを作る

 「日本のイチゴは品種改良を積み重ねて作り上げた、品質的にも文化的にも世界に誇れるものだと思う。私自身、ストロベリーではなくあくまでもイチゴを作ることにこだわっている」

 そう意気込みを語る遠藤氏は、1999年に新規参入した生産者。参入した当初から「いろいろな場所で農業に挑戦したい」とイメージしていたことが契機となり、現在はイチゴによる中国進出を計画中だ。昨年から北京へ足を運んで現地の視察や、市場や生産条件の調査を開始し、今年の四月からは同社のスタッフが現地で栽培にも取り組んでいる。

 中国を体感した遠藤氏によれば、「一口に中国と言っても、省ごとに違う国くらいの感覚がある。場所によって栽培法、賃金などが大きく異なり、正直な話、経営者としては非常に悩ましい部分が多い」

 たとえば栽培条件は、北京や大連といった中国北部では日光温室が用いられている。日光温室とは、北側にレンガの壁を置くことで昼間の太陽光を蓄熱し、夜はカバーをかけて保温するハウス栽培だ。外がマイナス10~15度でも中は10度ぐらいを保ち、燃料を使わないメリットがあるので、日光温室の出現が中国北部の園芸を飛躍的に促進させたという見方も強い。

 これが南部の安徽省になると、日本型ハウスの簡易版が設営されているため、日本に近い感覚で栽培ができる。

 「地域によって資材、栽培法、品種の選定は大きく変わるが、どこへ行っても対応できる自信はある。ただし懸念してるのが、中国では土づくりの感覚がほとんどないということ。収量を上げるためには化成肥料をどんどん投入するやり方が主流で、日本人みたいにコツコツ土を作っていい作物を育てようとは考えない。場所にもよるが堆肥を探すと意外に苦労する。

関連記事

powered by weblio