ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

岡本信一の科学する農業

適正な施肥の考え方と取り組み方法



地上部の生育が遅れても健康で安定的に育つ

 まず、考えるべきなのは、基肥の窒素量をどこまで減らすことができるのかです。基肥の窒素は、少なければ少ないほど良いです。根の生育を助ける上に追肥が可能であれば生育に従っていつでも窒素を加えていけるわけですから、過剰の心配をするだけで済みます。根の生育は土壌の養分が少ないと、養分を探すために根の張りが良くなり、さらに定植の場合、活着もしやすくなります。

 基肥の窒素を減らすと心配されるのは、初期生育の悪さです。日本では初期生育が非常に重要視され、初期生育を旺盛にしなければならないと指導されています。初期生育を旺盛にして茎葉の発育を早く行なうことで、生育期間全体の光合成量を増やすことができ、収量が増えるという理由で説明されるのです。

 様々なデータを採ってきましたが、初期生育が遅れたとしても収量が少なくなるということはなく、むしろ、健康で安定的に育ちます。初期窒素を減らすと、地上部の生育は抑えられるため、初期生育が遅れているように見えます。しかし、実際には地上部の生育が遅れても、地下部の生育は続き、最終的な生育は追いつきます。地下部つまり根の成長が順調であれば養分や水分の過不足に陥りにくく、さらに天候の影響を受けにくくなり、安定して収量を得ることが可能になるわけです。

 初期生育が大事だとされる日本では、なかなか理解していただけませんし、このように書いても信じていただけない方が多いでしょう。実際にご自分のほ場で実践してみるしかないでしょう。

 理想的な基肥窒素の量は、ゼロです。すなわち播種や定植時には、施肥による窒素はない方が良いといういことです。窒素分を供給する理想的な時期は、しっかり根付いた後です。そのタイミングには、通常の半分程度の窒素量で十分です。生育状態に応じて適宜窒素を追肥してゆくのが理想的な方法です。

 燐酸やカリは、基肥での施肥でも問題ありませんが、現在の日本の施肥量ほど行なう必要はないでしょう。足りない場合は、追肥すれば良いのですから。

 栄養生長期の追肥は、窒素が優先、蕾がついてからは、窒素の必要量が減り、リン酸、カリの追肥が有効になります。このような施肥の方法は、「栄養週期理論」として本誌でも度々紹介されていますが、「栄養週期理論」の他にも世界中で実践されています。植物の生理は、世界共通ですからそれに応じて施肥するということであれば、同じような施肥体系になるのは当たり前です。これについては、いずれ詳しく書くことができると思います。

関連記事

powered by weblio