ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

弁護士・戸出健次郎の困ったときの相談と転ばぬ先の杖

農地の相続人の1人が行方不明の場合、他の相続人は、当該農地を処分できるのか



3 弟さんの行方不明から7年が経過した場合

弟さんの行方不明から7年以上経過した場合、ご相談者は、不在者財産管理人の手続きとは全く別に、家庭裁判所に対して、弟さんの「失踪宣告」の申立をすることができます。家庭裁判所による「失踪宣告」がなされると、弟さんは死亡したとみなされます。そして、不在者財産管理人による財産管理は終了し、弟さんの財産は、弟さんの相続人に承継されます。
弟さんの奥様やお子様等、弟さんに相続人がおられる場合、当該農地は、ご相談者と弟さんの相続人の共有状態となりますので、この方たちと協議の上、共有者全員が納得すれば、売却をすることができます。
他方、ご相談者の他、弟さんの相続人がおられない場合、当該農地は、ご相談者の単独所有となります。よって、この場合、ご相談者の独断で、当該農地を売却できることになります。
以上のとおり、弟さんが行方不明になってからの年数、他の相続人がいるかどうかという事情の他、税務上の諸問題も絡みます。
まずは、専門の弁護士に相談することをお勧めします。

関連記事

powered by weblio