ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

独断注目商品REVIEW

コンパクト薄型で取り付けやすいLED照明は夜間作業の味方


(株)阿部紹介AG事業部は薄型のLEDワークライトを昨秋に発売した。LEDの特徴でもある直進性の強い光をバランスよく拡散させた「1灯LEDワークランプ」は脅威の明るさで好評を博している。コンパクトで取り付けやすいスクエア形のデザインに、冬の過酷な環境下(マイナス30℃まで)でも耐えるアルミダイキャストボディを採用した。軽量で、冷熱効率が良いうえに、装着しやすい。「6灯LEDワークランプ」は3WのLEDを6灯使用しても18Wと省電力仕様でも明るい。

照明の特徴に合わせた装着を

LEDランプは単波長の光を真っ直ぐ照らす特長を持つので、ランプの性能を発揮するためには、装着角度が重要になる。純正のハロゲンランプの照明が正面を照らすように配置されている場合は、側面下方を照らすように配置するそうだ。
LEDもHIDも比較的、色温度が高いので、作業内容によっては凸凹が見づらくなる。その場合はハロゲンランプと併用することで解決するという。HIDの場合は、照射範囲が広いが、紫外線の波長の光も発しているようで、虫が集まってくるという話もあるようだ。
天候に左右されながらも規模を拡大している土地利用型の農業者にとって、これらのLEDワークランプは強い味方になり得る。「夜業」と呼ぶ読者もいるが、努めて安全作業をお願いしたい。 

関連記事

powered by weblio