ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

独断注目商品REVIEW

植溝内土壌散布機 TJS300/DP-SG(愛称:アミーゴ)


この機械は、ポテトプランターの標準装備品ではない。販売会社による現地での取り付け加工は必要だが、トラクターやポテトプランターのメーカーも機種も選ばず、後付け可能な点がうれしい。ポンプと薬液タンクはトラクターのフロント部にマウントする一方、散布装置関係はマグネットノズル管と蛇腹パイプを採用したことでノズルを含めて設置位置や角度といった調整の自由度が高い。そのノズルについては、ポテトプランターの1畦ごとに前方と後方の2カ所に構える。植溝に薬液を処理する前方ノズルは噴射角が狭く、後方ノズルは覆土する左右からの合流部に噴射することから若干広くなっている。
用途はこの目的のほか、その他の植溝散布や除草剤散布が考えられる。インファローに関していえば、ヨーロッパではAmistar以外にも登録農薬があり、ジャガイモシストセンチュウへの防除も同時に行なっている。日本でもそうした展開が待たれるところだ。
なお、このインファローをテーマにしたセミナーを2015年2月にポテカル編集部(農業技術通信社内)主催で北海道帯広市で開催する予定でいる。関心のある人は当編集部まで問い合わせを願いたい。インファローと黒あざ病については、ジャガイモ専門誌『ポテカル』No.92とNo.85の特集で詳しく紹介している。 

関連記事

powered by weblio