ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

フルクローラトラクタ、高性能農地を作るカギ

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 2006年02月01日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
 最後に、スガノの美浦営業所長の齋藤保氏は、導入を考える農業経営者へ2点の助言を挙げる。(1)ホイールから買い替えという考え方をやめること。(2)導入するなら、現在使用しているトラクタの倍の馬力を選ぶこと。

 そうしなければクローラならではの価値が経営で活かされにくく、その性能を実感できないと言うのだ。

 国産クローラの価格は、55馬力クラスの600万円超から100馬力級の900万円程度、160馬力で1250万円程度だ。農地の高性能化を図るなら、経営規模に応じたフルクローラトラクタの導入は、一考に値するものと言えるだろう。

(昆吉則)


■レーザーレベラの性能を最大限に引き出すために
浅野真英氏(秋田県大潟村)

 大潟村は機体が沈みやすいヘドロ質土壌。ホイールトラクタでは土を傷めてしまうため、父の代に140馬力のモロオカ製フルクローラトラクタを導入した。一昨年、この製品の更新時期を迎え、代替機を探すなかで、160馬力の「GCR160」がこれから目指す乾田直播栽培に役立つと思い導入を決めた。

 乾田直播栽培では、圃場均平が大前提だが、レーザーレベラを使うことで、経験が浅くとも高精度の均平作業が行える。時間のかかる作業だが、けん引力と前後進の移動速度が速いこのトラクタを使うことで、さらに精度の高い仕事を効率よく行えるようになった。また、レーザーレベラとクローラによる表層鎮圧で、土壌をある程度踏み固められ、その後の作業効率を高めることもできている。機体の前後のバランスにも優れており、ウェイトをつけていない状態で作業しても、レベラの上下動で機体がぶれることがない。

 GCR160導入の際には、丸ハンドルではなく、左手だけで走行操作が行えるT字ハンドルを選択した。モロオカ機の操作で慣れていたこともあるが、旋回動作で疲れることがない。


■高水準の直進、旋回性能が決断の決め手
西村誠治(長崎県諫早市)

 1998年から諫早湾干拓地(面積700ha)の農地化事業にオペレーターとして参加。当初はモロオカ製クローラを使用していたが、その後、干拓事務所に提案し、ヤンマーの「CT-95」に切り替えさせた。今年に入って「CT-1001」も導入。

 干拓地での作業は、ホイールトラクタでは泥にはまってしまうため、接地面積の広いフルクローラは必要不可欠だった。

 CTの特徴は、なんといってもFDS(フルタイム・ドライブ・システム)。2ポンプ2モーターのHSTで左右クローラに対する動力伝達を安定させ、速度を調節するため、直進性が安定し、キロメートル単位で真っすぐ掘り続ける溝掘りや、土を乾かすためのプラウ耕では、価値を発揮するシステムだ。また、旋回時はハンドルの操作角度に応じて、左右クローラの回転速度を調節するため、土を寄せず、滑らかに旋回できる。

関連記事

powered by weblio