ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

フルクローラトラクタ、高性能農地を作るカギ

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 2006年02月01日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
 前後進を頻繁に行うレーザーレベラの作業は、前後進が同じ速度で行えるため、作業能率が向上した。

 丸ハンドルはクルマを運転する感覚に近いので、700haという広大な面積を長時間作業しても疲れにくく、苦にならないのは非常に助かった。


■自分の圃場は“高性能農地”か?
(農)勝部農場 勝部征矢氏(北海道栗山町)

 私が使っているチャレンジャーは、238馬力の「45」が2台と、300馬力オーバーの「65」が1台の計3台。導入は20年近く前まで遡る。

 過度の踏圧を抑制し適度に土壌表層を鎮圧するクローラは、私が志す農業を実践する上で不可欠なもの。ホイールかクローラかではなく、鉄クローラかゴムクローラかの問題だった。ホイールトラクタをダブルタイヤにし、踏圧を抑える方向もあるが、ダブルタイヤで踏圧を軽減できるのは150馬力程度まで。それ以上になると、トリプルタイヤにしなければならず、車幅が3m50cmを超え路上走行に支障をきたす。

 とかくジョンディアかチャレンジャーかという議論がされるが、私に言わせれば意味のないこと。油圧を始めとするコンピュータ制御は、日進月歩で進歩し、今では人間には到底できない理にかなった作業をさせることが可能になっている。正当な評価を下すには、同じ年に発表された同型機種を比較する以外にはない。

 しかし、農業で一番重要なのは、どの機械が性能が高いかではなく、自分の圃場が“高性能農地”かどうかということに尽きる。


■大規模、長時間作業に対応できる耐久性
染谷 茂(千葉県柏市)

 利根川河川敷の休耕地120haの開墾作業に、225馬力のジョンディア「8220T」を導入している。30年以上放置され荒れていた土地を切り開き、そのうち10ha以上に市民農園を開設し、残りの圃場でコメと畑作の輪作体系をとる計画だ。ジョンディアは、20インチ×5連プラウ、6mのレーザーレベラ、5mの「キャリア」の作業に使っている。

 国産機に比べ外国製トラクタは、耐久性に優れており、広大な圃場での長時間作業に対応できる。初期投資こそかかるが、長期的にみればコストパフォーマンスに優れるのではないか。また、自重があることで、土の表層を適度にしめる効果も得られている。クローラ部は摩擦式で、水に弱いとされているが、圃場の排水を万全にする前提で導入しているので、問題はない。ホイール、セミクロも所有しているが、作業に応じて使い分けている。

関連記事

powered by weblio