ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

韓国トラクターの実力 「低価格」だけではないユーザー評価の高さ 


 むしろ、発生したクレームとは日本人農家の技術知識のなさが原因なのであり、韓国製品へのクレーム発生とは「至れり尽せり」のサービスが当然と考える日本市場だけの現象なのかもしれない。

 全国的に見れば、販売台数が多いのは大型で、購入者もプロ農家の階層が多い。しかし、アイアグリ、中沢、諸岡などが連携しつつデドンの代理店網や部品供給体制を整えてきていることを考えれば、近い将来に、韓国トラクターは小型機種も含めて日本国内でも一定のシェアを獲得するだろう。

 その時、我が国の農機業界は、地すべり的に大きな変化を強いられることになるはずだ。

 その農機業界の変化は、もう始まっているのだ。

関連記事

powered by weblio