ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

コスト縮減が実現できる ユーザーが選んだ納得アイテム27

農作業機

 経営体系の違いがあるため、読者にとってどれが「オススメ」とは一概に言えないのがこの農作業機だろう。ユーザーの意見に耳を傾けて、自分の経営に合うものを見つけよう。

【収穫機 ポテカルゴ】

幅広い品目に使える適応性の高さ 収穫機の完成型として重宝
千葉県八街市 浅野悦男氏

 3年ほど前に購入したものですが、この頃の収穫機は大抵の欠点が改良されているので、使い勝手は申し分ないんです。各メーカーごとにいろんな収穫機が出ていますが、多品目に対応できて、強度があるという点で本機にしました。うちのニンジンは敢えて肥料を与えず、通常よりも畝幅を広くとって栽培しているんですが、それにもちゃんと対応してくれるのが頼もしいですね。近所の農家ではヤマイモやサトイモ、サツマイモにも使っているようです。

■全長4,880(格納時2,265)×全幅2,740(同1,550)×全高1,700mm(同2,455mm)。機体重量870kg。掘取幅660mm。掘取深さ305mm(クローラ下部より)。クローラ幅200×接地長1,100mm。
■松山(株) ■〒386-0497 長野県上田市塩川5155 電話番号0268-42-7500
■http://www.niplo.co.jp/


【草刈機 自走2面畦草刈機 ウイングモアWM60】

体への負担少なく作業も早い。
新潟県柏崎市 若月忠氏

 刈払機での草刈りでは体に負担もかかるし、作業時間も相当かかっていました。そこで、畦畔の上面と法面を同時に刈り取ることができるこの製品を導入しました。作業は畦畔を1往復するだけで済ませられるし、軽くて自走タイプなので作業がだいぶラクになりました。最近の機械は年々重くなってきているようですし、この機械の軽さは、年を重ねるごとに価値を増していっています。展示会を覗いてもみてもこれに変わる商品は見つかりませんし、しばらくは使っていきたいです。

■全長1,760×全幅830×全高950mm。総重量58kg。最大出力6.0ps。刈幅600mm。刈高10~70mm。走行:前進2段。
■希望小売価格197,400円(消費税込)
■(株)オーレック
■〒834-0195 福岡県八女郡広川町日吉548-22 電話番号0943-32-5002
■http://www.orec-jp.com/
※写真・スペックは後継機「ウイングモアWM616」。

【堆肥散布機 マキタロウMSX650】

作業受託が面積拡大のきっかけに
栃木県宇都宮市 つぶつぶ農園・和菜 鈴木敏夫氏

 以前は機械を借りて堆肥散布をしていましたが、順番待ちになることもあり、都合の良い時に使えず困っていました。これを導入してからは、畜産農家から届けられる堆肥を自分で積み込みんで、散布できるようになりました。また、この機械を導入したことで、地域の農家から散布作業を委託されるようになり、これをきっかけに借地できました。さらに面積を拡大していく上でも重要な機械となると思います。

■格納時:全長2,780×全幅1,290×全高1,218mm。機体質量635kg。最大作業能力650kg。荷台面地上高:504mm。走行速度:前進0~4.2km/h、後進0~3km/h。散布幅1.2~2.5m。散布能率30~45min/10a。適応堆肥:完熟堆肥・生堆肥。
■(株)アテックス
■〒791-8524 愛媛県松山市衣山1-2-5 電話番号089-924-7161
■http://www.atexnet.co.jp/


【振動式サブソイラ カワベバイブロ スーパーソイラー】

高い汎用性が多品目栽培に最適
栃木県宇都宮市 つぶつぶ農園・和菜 鈴木敏夫氏

 水田を借りてナスなどの野菜を作ることもあるので、排水性を良くするためにこの製品を使っています。深耕や弾丸暗渠ができる上、収穫用のオプションにすると、ニンジンやジャガイモの収穫もできたりと、汎用性が高い点が気に入っています。多品目栽培しているので、いろいろな作業に柔軟に対応できる汎用性は重要なポイントです。収穫時は振動で土をほぐし、野菜を浮かすような効果があるので、収穫作業もラクになりました。除草剤を使わないので、マルチの回りに雑草が繁茂し、剥がしづらくなりますが、土がほぐれた状態だとそれも簡単です。

■(SV2の場合):全長900×全幅1,400×全高1,200mm。全重230kg(タイプBD)。耕幅:最大1,300mm。耕深:最大500mm。
■川辺農研産業I(株)
■〒206-0812 東京都稲城市矢野口1219 電話番号042-377-5021
■http://www.kawabenoken.co.jp/

【草刈機 ツインモアーBM-TG53トラクタ3点リンク装着用アーム式2面草刈機】

さまざまな法面の草刈が可能 省力化・効率アップ
北海道岩見沢市 土永正義氏

 体調を崩した時期があり、暑い時期の除草作業の負担を減らす目的で購入しました。今は主に農道口などの法面の除草に使っていますが、以前とは比較にならないほど作業効率を上げることができました。ここ5年ほどで経営面積が13haから27haとほぼ倍になるなかで、作業を省力化、効率化を図る必要もあったのですが、まず除草作業を効率化できたので助かりました。

■適用トラクタ:35~50ps。質量:225kg。適用オートヒッチ:日農工Sヒッチ、Lヒッチ。モアー/刈刃形式:バーナイフ方式、刈幅: 800(410×2)mm、刈高:30・55・80mmの 3段階、モアー回転数:2,700rpm。作業能率:680~1,700g/h(速度1~2.5km/hの場合)。
■三陽機器(株)
■〒719-0392 岡山県浅口郡里庄町新庄3858 電話番号0865-64-2871
■http://www.sanyokiki.co.jp/

農作業機

【砕土・整地機 ニプロ ウイングハロー WBS3000B-OS】

代かきと同時に麦ワラ混和で作業効率アップ
佐賀県佐賀市 山口康雄氏

 ビール麦の後にコメを作っています。以前は麦ワラを燃やして処理していましたが、この機械を導入したことで収穫後の麦ワラを土に混和しながら代かきができるようになり、作業効率が格段にあがりました。また、麦ワラを混和したことで粘土質土壌が改善されてきたのか、2俵しか麦が収穫できなかったところで今では5俵獲れるという嬉しい誤算も。ハローにつているレーキがうまく麦ワラを土に押さえ込んでくれるようで、水を入れても麦ワラが浮くことがなくなり、ガスも発生しなくなりました。

■(WBS3005B-0Sの場合)全長845×全幅3,115(格納時1,820)×全高990mm。質量345kg。適応トラクタ25~33ps。作業幅299cm。作業速度1.5~4.0km/h。作業能率7~18分/10a。代かき爪。手動開閉。
■松山(株)
■〒386-0401 長野県上田市塩川5155 電話番号0268-42-7500
■http://www.niplo.co.jp/

【肥料散布機 マニアスプレッダ】

クローラからホイールに変更
佐賀県佐賀市和郷園 松岡隆雄氏

 リサイクルセンターで作った堆肥を組合員の農家の圃場に運搬、散布するのに、マニアスプレッダを使っています。3tの堆肥を積み込んだまま運搬し、圃場まで入っていける点が便利です。以前はクローラタイプでしたが、スピードが出ず、クローラ部も傷み、かといって轍に強いわけでもありませんでした。そこで現在は、より使い方にあったホイールタイプに切り替えて使用しています。機動力も上がりましたね。それと、後からバワーゲートを追加したことで、移動時に荷台から残った堆肥を落とすこともなくなりました。


【耕うん作業 LD/EDリバーシブルプラウ】

大規模圃場に対応したヨーロッパ製 驚くべき耐久性でコストダウン
北海道北見市 後藤倫男氏

 うちは125haの農地を耕作していますが、ある程度の規模になってくると消耗部品のコストはバカになりません。そこで耐久性が高いと聞いていたノルウェー産プラウを導入してみたところ、ほとんど磨耗せず、国産で年間80~90万円かかっていたボトム交換費が、ノミ先交換の3~4万円で済むようになりました。さらに3連から4連と、ボトムを増やせるのも気に入っています。ただしボトムの「ひねり」は国産よりも若干弱いため、草地など根が強く張っている圃場では、土の反転がいまいちになることもあります。

■ビーム種類:シェアボルトタイプ。ボディ間距離10,000mm。ビーム下クリアランス800mm。ディスクコルター全ボディ装備(5連除く)。耕起幅/連300‐500mm(5段階)。スチール仕様基本重量:3連920kg、4連1,150kg、5連1,360kg。
■クバナランド・クレップ(ノルウェー)

作業補助

農業経営全体における作業効率の改善やコスト縮減を図るにはメンテナンスや在庫管理、パッケージングの簡素化もテーマだ。ここではその場面で使えるアイテムを紹介。

【温度計 IN-OUTデジタル温度計 AP-06W】

トンネルをあけることなく温度管理
福島県福島市 斎藤保行氏

 6年くらい前からキュウリの苗床やハウス内の温度管理に使用しています。本体と2.8mあるコードの先の両方に温度センサーがついているので、苗床のトンネルを開けずに温度を測定できます。これと似たような機能を持った温度計はありますが、どれも高額。この温度計は近所で非常に安く販売していて、買い足しも負担になりません。6つほど購入して、苗床の保温マットの各所に設置し、温度ムラをチェックしたりしています。多少精度に誤差がありますが、問題になるほどのものではないです、今や必需品ですね。

■全長115×全幅51×奥行17mm。重量91g。防水外部センサー長:2.8m。表示温度範囲:(内部)-50~50℃、(外部)-50~70℃。水中・地中使用可能。内部内外温度同時表示。最高最低温度を自動メモリー。電池:単4電池1本。吸盤・スタンド・マグネット・壁掛け用フック付き。
■オープン価格
■(株)クレセル
■〒171-0052 東京都豊島区南長崎6-25-14-102 電話番号03-3953-5363
■http://www.crecer.jp/


【溶接機 溶接機】

長時間使用にも耐えられるプロ用の溶接機
茨城県 小見川清氏

 鉄工所で使われているアーク溶接機。10年ぐらい前までは、民生用のものを使っていたんですが、長時間使っていると動かなくなってしまうことがよくあって、プロ用の機材に買い換えました。実は若い頃、「機械屋トラクタ目利き塾」の連載をしている菊池さんの鉄工所でアルバイトをしていたから、溶接は得意。トラクタや草刈機、コンバインの先端を修理したり、カブを洗う台を作ったりはお手のもの。だから、今まで農機の修理代は一度も払ったことがありません。何でも自分でできるから、修理のコストと余計な時間を掛けなくて済んでいます。


【管理機 充電管理機】

使用頻度が低い機械のバッテリーあがりを防ぐ
高知県高知市 細木博幸氏

 6つの管理充電器を、トラクタや運搬車、自動車などに使っています。バッテリーの放充電の具合を調整してくれる管理充電器は、1年のうちの一時しか使わないような機械でも使いたい時にきちんと使える状態に保ってくれるので、とても助かります。

【プラズマ切断機 カットスターPF35】

薄い鉄板も歪ませずにきれいに切断
北海道音更町 波佐潤一氏

溶かして切るタイプの切断機は薄い鉄板を切ろうとすると、鉄板を歪ませてしまったりしてしまいますが、これを使うと簡単にしかもきれいに切断できます。作業機の屋根などを作るときもこれが活躍しました。すぐに修理に出せない機械の応急処置にも便利です。

■質量16.5kg。切断能力:薄板用~中板用。0.1~12mm。1本の電極の切断長さ:180m。
■松下溶接システム(株)
■〒561-0854 大阪府豊中市稲津町3-1-1 電話番号06-6866-8556
■http://panasonic.co.jp/mwsc/


【選果機 マイコン選果機4513型】

熟練しなくても選果が可能 選果の精度もアップ
茨城県大洗町 米川康弘氏

 約10年前に、分銅式の選果機から買い換えました。分銅式では、常に水平を保つ必要があり、設置や収納の際の移動に手間がかかりましたし、サツマイモやダイコン、ニンジンなどの作物ごとに規格を変えるのが面倒でした。一方、このマイコン選果機は重量調節の必要がないことと、簡単なボタン操作だけで規格の変更ができます。おかげで経験が少ない中国の研修生でも、簡単に選果ができるようになり、手選別の頃よりも仕上がりが良くなりました。そして、市場からの信用度が上がるという嬉しい結果にも繋がったんです。周囲の農家にも評判の一台です。

■コンベアサイズ4.5m。出口幅530mm。選果段階13。測定範囲40~1500g。処理能力3000個/h。
■(株)エトバス
■〒150-0045 東京都渋谷区神泉町23-6 電話番号03-3465-0844

IT・電子機器

 農業の現場に導入できる情報機器は少ないと思い込んでいないだろうか。そんなことはない。まずはこの身近なアイテムを導入することから始めては?

【腕時計 CASIO G-SHOCK】

まさにタフな相棒 農作業でも壊れない腕時計
青森県青森市 森智和氏

 作業中は仕事に没頭しがちですが、雇用している人たちがいるため、昼休みを指示したり、帰宅させるのに、農作業中も時間を気にすることが多いんです。働いてくれる人たちへの気遣いも、経営者としては当然の務めだと思っています。そもそも、学生時代にG-SHOCK集めが趣味でした。15~16個持っていますが、そのうち5~6個を気分によって使い回しています。農作業にあたって、衝撃に強くて防水性も高いという点は必須条件。汚れたら歯ブラシで洗えば良いだけだから、手入れも簡単です。バッテリーも長持ちで、良いことづくめです。

■PRW-1300J/42,000円(消費税込)
■カシオ計算機(株)
■〒151-8543 東京都渋谷区本町1-6-2 電話番号03-5334-4830
■http://www.casio.co.jp/

【ウェブカメラ ネットワークカメラ IK-WB21】

24時間365日ずっと畑を監視 防犯対策には欠かさない
高知県高知市 細木博幸氏

 全国各地で農作物の盗難が問題になっていますが、私も被害に遭ったことがあり、防犯対策として畑の電柱に取り付けました。カメラからの映像は24時間ノートPCで見られるようにしてあるので、茶の間からでも監視できます。夜に雨が降った翌日、作業に行けるか確認するのにも便利。このシステム導入を決めたのは、高知県東洋町のHPで、サーファーのために海の様子を配信しているのを見たからです。役所に業者を紹介してもらい、初期投資に80万円以上かかりました。今後はマイクやスピーカーも設置して、防犯性を高めたいですね。

■有効画素数:約63万画素。レンズ:光学22倍ズーム。フォーカス:オート/マニュアル切替
■本体希望小売価格173,250円(消費税込)
■(株)東芝
■〒105-8001 東京都港区芝浦1-1-1 電話番号03-3457-8448
■http://www.toshiba.co.jp/


【携帯電話 G`z One】

思い立った時に田んぼから電話 もはや農具のひとつです。
滋賀県草津市 小笹長造氏

 防水型の携帯電話です。雨はもちろん、泥だらけの手で扱っても壊れないところが凄いです。普通の携帯電話を使っていたこともありますが、一度代かき中に泥の中に落として、ヒヤヒヤした経験があり、壊れなかったものの、買い換え経験があります。メールも含めれば、1日に5~6回は使いますね。田植え中やコンバイン中に電話する用事を思い出した時、すぐに電話できるようになりました。家族に肥料を持ってくるよう頼んだり、乾燥機の温度調節を指示したりというふうに、もはや通信道具というより、農具のひとつと言っても良いと思います。

■高さ117×幅53×奥行き29mm (閉じた状態)。重量約155g。連続通話時間約190分。連続待受時間約240時間。
■KDDI(株)
■〒102-8460 東京都千代田区飯田橋3-10-10 ガーデンエアタワー 電話番号0077-7-111
■http://www.au.kddi.com/

ウェア

 昔なら「もんぺ」、今ならば何?快適に仕事ができるかどうかは、肉体を駆使する仕事だけにバカにできない。さて、あなたは何を着て作業するか。

【インナーウェア バイオギア】

吸汗速乾性素材でいつも爽やか 締め付けることなく体にフィット
奈良県大和氏 匿名希望

 ラグビー選手だったことがあるんですが、スポーツ用生地はかなり研究が進んでいて、汗を吸ってもすぐに乾くし、逆に冷える時は体を温めてくれるんです。それって、朝は寒いけど、日中はハウス内で汗をかく農作業にも合うはず。そこで手に入れたのがこれ。以前まで汗でびしょぬれになったTシャツを一日に何度も着替えていたのですが、バイオギアにしてからは着替えいらず。体にしっかりフィットするのに、いろんな体勢をとっても締めつけることがないところも農作業向きです。

■サイズ:S、M、L、O、XOO
■3,675円(半袖は3360円)
■ミズノ(株) お客様相談センター 電話番号0120-320-799
■http://www.mizuno.co.jp/biogear


【作業着 鳶服(ニッカズボン)】

ゆったりした作りでしゃがみ作業に必着
福島県郡山市 中田幸治氏

 ハウスの設置など、しゃがんでする作業のときは普通の作業ズボンでは窮屈で動きずらい上、汗をかくと体にはりついたりもして、イライラしながら作業してますよね。そんな時に思い出したのがペンキ屋さんでアルバイトしていたときに着ていたニッカズボン。しまっていたのをひっぱりだして着てみると、ゆったりした形でやはり動きやすくて作業もしやすい。それ以来愛用しています。今では夏用とそれ以外の季節用、あわせて6本ほどに増えました。なぜか農作業着として着ている人はあまり見かけないのですが、これはオススメです。長年愛されてきた作業着だけのことはあります。特に「寅壱」のものは、多少値は張りますが別格です。


【作業着 ゴアウィンドストッパー インナーウェア】

身軽に作業できて効率もアップ肩凝りともさようなら
滋賀県草津市 小笹長造氏

 このウェアと出会ったのは約2年前。仕事でインナーウェア類を扱っている親戚から薦められました。それまでは、合羽や古くなったスキーウェアを着ていたのですが、今はウィンドストッパーの上につなぎを着るのが定番スタイル。汗をかいても冷たい風が入ってこないので、体温が下がらない。それにも関わらず、汗の蒸れは外に発散してくれるんです。風呂上りに湯冷めすることもないので、パジャマ代わりにもなっています。農作業への影響で言えば、身軽になって作業効率が上がったことや肩凝りにならなくなったことが良かった点です。

■適応サイズ:S・M・L・LL・3L・4L。重さ:約400g。厚さ:0.06mm以下。素材:ゴアウインドストッパーファブリックス(トリコットニット)。
■田中産業(株)
■〒561-0832 大阪府豊中市庄内西町5-17-6 電話番号06-6332-7185
■http://www.tanakasangyo.com/

注目の国産トラクタ ~進化するトランスミッションシステム~

(株)菊池鉄工所 代表 菊池治樹

本誌連載「機械屋トラクタ目利き塾」でおなじみ。今回は、農家のニーズを最大限かなえつつある国産トラクタの開発動向を解説してもらった。

 最近のトラクタの開発をみると、エンジンとトランスミッション(以下T/M)及び油圧の電子制御化、さらに、それら各システムを複合的にネットワーク化させての自動化が進んでいる。欧州で顕著な傾向だが、国産トラクタの開発もその方向を目指しているようだ。T/Mシステムにおいては、エンジンのパワーと車速及びインプルメントの作業効率の3つの要素を完全に満足させることができるトラクタは、いつの時代も農家が求めるものである。今回、ヤンマー農機から発売されたEG700シリーズのHMT(ハイドロ・メカニカル・トランスミッション)仕様のトラクタは、高い水準にあるものといえるだろう。機械式T/Mと油圧式T/Mの長所を上手に合体させ、0.1kmから無段変速のスピードセッティングが可能である。T/Mの進化は、さらに無段変速化を加速させ、エンジン、T/M、油圧のリンケージのなかでトラクタ自体が作業能力をすべてコントロールできるようになるだろう。


ファッション化する農作業ウェア

 昨年11月、『アグリファッションコンテスト』を開催しました。このイベントの企画趣旨は「農業をファッションから活性化する」というものです。そこから得られた「求められるウェア」は、機能的でかつオシャレなもの、というものでした。アウトドアスポーツの先端素材技術を使った作業着、特に防水透湿素材を用いた作業着が実用化されたりするのではないでしょうか。今後は団塊の世代や新規就農する若者など、都市文化に敏感な人々が農業に関わっていくことになると思います。その際、農作業ウェアもそうした新しいマーケットの多様なニーズに対応するものが登場してくるはずです。「仕事への誇り」を農業青年が感じるようなデザインへのこだわり、「楽しさ」を帰農者が感じるような色使いのウェアが誕生すれば、日本農業への「夢と期待」が膨らんでいくと思います。

日本アグリデザイン 評議会 副理事長 石川広己
1986年バンタンデザイン研究所入社、92年取締役に就任。2006年からは農業改革、農業関連事業開発に取り組む。

関連記事

powered by weblio