ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

リレー訪問 農場に勤める誇りと夢

「感動」と「満足」を作る仕事・・・の巻

榎 地に足をつけるというか……生き方としての農業に魅力を感じたんですね。

大川 それで、勤めていた会社を辞めて、まず農業の専門学校に行くことにしました。

榎 こちらの農場に入社したのはどうしてなんですか?

大川 農業でずっと食べていくことを考えると、ひたすら地道に生産していくだけでは、つらいだけなのかもしれないという思いがありました。それよりは、農場にお店が併設されていたり動物がいたりするような観光農園で楽しく働きたいと思ったんです。こういった条件で就農先を探していたところ、いま勤めている農場を知人の紹介で知りました。実家の岡山県にも比較的近いということと、たまたま農場のスタッフが辞めるという話もあってタイミングもよかった。そこでお世話になることにしました。

榎 就農して3年になるんですよね。実際、仕事としてやってみて、イメージと違ったりしませんでした?

大川 イメージ通りのところで、楽しく仕事をさせてもらっています。それに、基本的に自由にやらせてもらえるんです。といっても、作業に追われる毎日なので、やりたくても手がつけられないことも多いんですけどね。社長にアドバイスをもらうこともありますが、この3年の間にいくつか失敗もしましたし、反省することも多かったですね。

榎 うちの農場も僕が入った時はそういったやり方でした。自由にやらせて失敗したときに初めて、「な、違うだろ」と言ってわからせてくれる。体験を通して根本的なところを理解していく方が、人は成長するんですよね。

大川 それは(笑)僕も実感しています。カボチャやナスなどの野菜を何種類か栽培したことがあったんですが、これが大失敗でした。たとえばキュウリなんかは生育させるまではいいんですが、収穫に手が回らなくて、結局、収穫できないものもありました。今思うと、当時は人に頼りすぎていたんですね。この失敗を通して、売りきるところまでしっかり自分で考えて取り組んでいくのが、農業をする人間の仕事なんだと気付きました。

榎 僕も、ほぼ毎年失敗してますから。そうやってレベルアップしていくんですね。

大川 そうなんですね。これからは、これまでできなかったことを少しずつ改善してやっていきたいと思っています。ブルーベリーの摘み取りについても、以前は、お客さんがどれくらい摘み取ったのか把握できていなかったのですが、去年から、どれくらい摘み取られたのかをきちんと計算するようにしました。これで、予約人数の枠を増やすことも検討できるようにもなりました。

関連記事

powered by weblio