ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

GAPレポート

<韓国>GAP農場急拡大、激化するか国際競争が背景

韓国でGAPが急速に普及している。韓国政府ではGAP認証取得した農産物の比率を、2013年までに全体の10%までに引き上げる計画を立てている。輸出向けから普及が始まったGAP認証農産物は、国内市場にも広がっている。その背景と現状を現地の最新情報をもとにレポートする。
 04年からは輸出向けの農産物を作る農場でGAPがスタート。同年に韓国とのFTAを発効したチリがすでにGAPを確立していたことも大きく影響した。政府機関である農産物品質管理院は1,9億ウォン(1ウォン=約0,12円)の予算を投入し、輸出用のパプリカ、シシトウ、キュウリなどの栽培農家約350戸にGAP導入を働きかけた。

 こうした動きにより韓国全体にGAPが広まり、03年にわずか9農場だった認証取得農場が、05年には965農場、06年は約3500農場と急速に増えている。 

 農林部もGAPに力を入れており、06年には68億ウォンを投入し、審査員の養成や施設を整備するための費用に使われた。


優秀農産物管理制度

 韓国版GAPは「優秀農産物管理制度」ともいわれている。土壌、水質、農薬、肥料の適正管理および収穫後の適正管理を目的とする「優秀農産物管理基準」が110項目(うち、必須が76項目、推奨が34項目)あるほか、生産履歴の記帳・管理が義務づけられている。

 さらに、農産物品質管理院が定める「優秀農産物管理施設」で処理されたものに限って、GAP認証取得商品として流通できるようになっている。この点は日本とは異なる点だろう。現在、優秀農産物管理施設として指定を受けているのは、野菜の選果場、コメの場合はライスセンターが多いが、選果施設持つ農業法人も認定が受けられる。07年11月末時点で、300カ所が指定されている。

関連記事

powered by weblio