ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業経営者ルポ

職業欄に「農業」でなく「会社役員」と書くこと

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第23回 1997年06月01日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
 野菜は市場を通して売っているが、特定のスーパーに納めている分が多い。そこで信頼関係ができると相場と関係なく平均的な値段で買ってくれるようになっていった。店としては品質が揃い年間を通した一定の利潤を取れることが肝心なので、高いとか安いとかは言わなくなる。むしろ「それで高橋さん儲けは出ますか、作ってくれますか。貴方が作ってくれなければ我々は商売ができないのです」と言ってくれるような関係もできた。

 コストを下げるため、スーパーには通いのコンテナで出荷するようにもなった。

 「お互い飯が喰え、一緒に頑張っているという共感を持つことが大事だと思う。どっちも大変なのですから。そして、お客さんを大事にする商売人と付き合わなくては駄目なのですよ。そんな人だから取引先も大事にする。長い目でお互いが損しないことを考えなければならない。長期的な展望を持っていて短期的には緩衝能力を持ってくれるのがバイヤーさんの力だと思う。そんな人や企業に行き合うことが大事なのですよ」と高橋さんは言う。

 「他の業界はビジネスマンが仕事しているのに農業はそうではない。農家だけがそういことに関して世間知らずになっている。農業の力を高めて行くためには、誰かがビジネスマンになって行かないと農業は変わって行かない。それも限られた個人だけではなく、ある程度の群れとして農業経営者たちが育っていく必要があるのです。そうでなければ農業は勢力として力を発揮できない」と。さらに、

 「農家が法人化するということとは農業の世界であっても世間一般の常識を当たり前に通用させていくということなのではないでしょうか。会社は働いて利益を出し税金を払って社会に貢献していく。それが会社というもの。補助金も貰わずにキチンと所得税や法人税を払っている経営者にいろんな手当てをしてくれたらもっと税金も払いますよ。でも、新食糧法で政治や行政はこれからの人を育てるのだと看板を揚げており、我々も食糧と地域というものの中で自分の責任を果すべく頑張ってみたいと思っているのに、やってることは、走れと言いながら手綱を引くことばかりではないか」とも。


自分たちの米販売会社


 友人たちと新しい米の販売会社を作ろうと準備をしている。それについても明確な戦略をもっている。

 「やはり大きく米が集まるところに買い手も集まる。需要者としての調達の安心感があるからだ。しかし、お米余りの中でお客さんに魅力を持って貰うには、生産者の気持ちの通ったお米とすること、つまり嘘のない管理をきちんとし、品質を揃えることである」と。

関連記事

powered by weblio