ナビゲーションを飛ばす



記事検索結果一覧

  • 第三号の経営者ルポでご紹介した小田川太氏のルポに対して、共感を述べられる電話やお問い合わせをいただいた。そうした電話のなかで、一本だけ全く別種の電話があった。電...

    (農業経営者 1994.01.01 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 例年ならすでに収穫作業の真っ最中だという九月二五日、青森県津軽の穀倉地帯木造町では、あたかも天を突くかのように稲は青立ちしていた。イモチ病の病斑というより、すで...

    (農業経営者 1993.10.01 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 今年の稲作は、地域によって想像を絶する悪条件が重なり、収穫皆無というケースもあると聞く。本当にお気の毒なことである。資産維持的な農家はともかく、兼業であれ生活の...

    (農業経営者 1993.10.01 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 兵庫県赤穂市の錦鯉養殖業者、(有)有田農産を訪ねた。同社は、長兄の有田憲二氏(56歳)を社長に育弐氏、和永氏、暎氏の四人の兄弟で経営されている。応接間の壁一面の...

    (農業経営者 1993.07.01 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 池田吉宏さん(34歳)は、茨城県の代表的野菜産地である鹿島町の専業経営者である。春キャベツニ・七ha、ジャガイモ一・四ha、サツマイモ〇・六haの栽培のほか、家...

    (農業経営者 1993.07.01 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 北海道上富良野にある花の公園「フラワーランド」に一本の兪の木がある。「フラワーランド」の中心、十勝連山を遠望する小高い丘に、農業者による新しい事業の創業にあたっ...

    (農業経営者 1993.05.01 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 「江刺しの稲」というものを見た。昨年の九月、石川県小松市の水田でのことだ。江刺しの「江」は小川あるいは水路のこと、そして「刺し」は文字通り稲を「刺す」田植えのこ...

    (農業経営者 1993.05.01 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
  • 「鍬を使うようになってネ、手が腱鞘炎になっちゃった。これで俺も立派な文化人だよネ、ハッハッハ。でもそれで腰痛が直っちゃたんだよネ」安原栄一さん(42歳)は笑った...

    (農業経営者 1993.05.01 )

    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ