ナビゲーションを飛ばす



ピックアップ - 独自の視点から農業ビジネスを分析・解明する!

  • 地域のことを行政に委ねるだけでいいのだろうか。住民自身が地域を活性化させるために何かできるのではないか。広島県東広島市の小田地区では、平成の大合併を機に住民が現...

  • 去る2月12日、松尾雅彦氏が急逝された。ジャガイモの契約栽培などを通して地方の再建と農業の成長に寄与されたカルビー時代の業績は言うまでもない。さらに「日本で最も...

  • 松尾雅彦氏追悼特集のために本誌に登場した同氏関連の記事を読み返してみた。そこに松尾氏の農業への深い共感と企業経営者ならではの見識と先見性を改めて思った。その中か...

  • 先日僕の大好きな叔母が 亡くなりました。 移住前僕らが暮らしていた京都市内で駄菓子屋を営んでいた ごく普通のおばちゃんですが 僕は生きていく上でこのおば...

  • 割り勘文化は日本特有 今年の冬は北海道に限らず全国的にもれなく寒く雪が多かったように思う。そんな冬の風物詩といえば、勉強会に講習会、講演会である。 ...

  • 社員がひとり増えて春を迎えたアルパカファーム。社内のコミュニケーションはきちんととれているのだろうか。あの人はなぜ辞めてしまったのだろうか。目には見えにくいから...

  • 大麻にも寛容なお国柄 オランダといえば、マリファナに限らず売春や安楽死が合法で、同性愛もいち早く容認した、ある意味で世界トップクラスの「自由」を謳歌する国...

  • 皆さん、こんにちは! 「君は呼吸が全然できてない。胸と腹を使って息をしろッ!」と整体の先生に熱く指導され、とりあえず素直に聞いてスーハースーハー大量に花粉を吸い...

  • 農閑期の定番企画となった週刊ダイヤモンド誌の「儲かる農業」特集―。昨年版の目玉企画だった「〈告発スクープ〉産地偽装疑惑に投げ売りもJAグループの深い闇」という記...

  • 聖書にこうある。「狭き門より入れ、滅びに至る門は大きく、その路は広く、これより入る者多し」。志を達成するには人の行かない道を選べ。JAL倒産復活時に京セラの稲盛...