ナビゲーションを飛ばす



ピックアップ - 独自の視点から農業ビジネスを分析・解明する!

  • サッカー一筋の青春時代から一転し、実家の農業を継ぎ、コメや黒豆を生産、販売する原智宏。先代の逝去により若くして代表となり、大規模経営を指揮する。経営規模を拡大し...

  • 世界の国と人々、そして日本人が経験した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大とそれによる様々な政治と社会的混乱。さらに、世界中を巻き込む形で人々を不安...

  • 先日、テレビ東京の報道番組、ワールド・ビジネス・サテライト(WBS)で子実トウモロコシが取り上げられた。本誌3月号を読んだ同番組ディレクターのAさんが、ウクライ...

  • 時代は変わったが 連載開始となる前号では雑誌『農業経営者』は、保護農政のアンチテーゼだったと書いた。『農業経営者』の評論対象は、例えば農家の精神や農村の風...

  • 自分たちでハードルを上げながら 跳び越えるのを楽しむ。 とうとうネット販売も始めて どこまでお客様の立場に立って考えられるか。 ...

  • 従業員の給料を上げたいのはヤマヤマだけど、それで経営が立ち行かなくなったら元も子もない。リスクを減らす方法、何かないだろうか。頭を悩ます藤田社長だったが。 ...

  • 自民党農林族が食料安全保障の議論を始めた。大変結構なことである。党内に「食料安全保障に関する検討委員会」(食料安全保障検討委員会)を設置。委員長には元農相の森山...

  • 3月18日にWeb上で開催された米穀業者の情報交換会。Web上の情報交換会や取引会も長引くコロナ禍ですっかり板についたという感じになってしまった。メリットをあげ...

  • 政治外交の世界では、「中国封じ込め」「米中分断」論が強い。一方、経済面では中国貿易で利益を受けている企業が多い。「経済安保法制」を巡る議論にも、国論の混迷がうか...

    • 人生・農業リセット再出発
    • 実生

    日本海に面した長州・萩藩城下の松本(松下)村に吉田松陰の松下村塾はあった。松の樹の下に塾があったからではなく、人財育成は都会でなくとも村の若者を磨くことでも可能...